Menu

子供の矯正治療

前歯が大人の歯に生え変わる頃に、
お子様の歯並びに問題が無いか

口の中の状態をチェック!!

  • 歯並びが ガタガタ
  • 受け口(反対咬合)下の前歯が出ている
  • 出っ歯(上顎前突)上の前歯が飛び出している
  • 食べ物がうまく 咬めない、時間がかかる
  • 奥歯では咬めるが 前歯では咬めない
  • 正面からの顔が 左右非対称に見える
  • いつまでも 生えてこない永久歯がある
  • 発音が おかしい、聞き取りにくい
子供の矯正治療

いくつありましたか?
原因としては、「顎の骨の大きさと歯の大きさのアンバランス」
「上顎と下顎の成長量のアンバランス」、「舌の悪い癖」などがあります。
早期に矯正治療を行うことで、大人の歯を抜歯する必要が無くなることもありますし、高校生以降に再治療が必要となっても、矯正治療が短期間で終了する利点があります。矯正治療も他の病気と同じで早期発見、早期治療が、予後を大きく左右します。
上記のチェック項目に当てはまる場合、まずは御相談ください。

子供の矯正治療の利点

混合歯列期(乳歯と永久歯が混在する小学生の時期)に行う子供の矯正治療は
歯の生え変わり、顎の骨の成長を利用することが出来る唯一の時期です。成長が終了した大人の矯正治療とは異なる治療方法により、
この時期に矯正治療を開始することでしか得られない利点が多いのも特徴です。

子供の矯正治療方法

子供の矯正治療
子供の矯正治療
咬合誘導
永久歯は乳歯よりも幅が大きいため、永久歯の生えてくることが可能な隙間が不足していると乳歯の裏側や横を向いて斜めに生えてきてしまいます。これを防ぐために、永久歯が生えてくる前に顎の骨や歯列を広げることにより、永久歯が本来の位置に生えてくるように誘導します。
咬合育成
顎の成長が十分期待できる時期に成長の妨げになっている歯並びの状態を改善し、成長を促したり、または望まない方向への顎の成長を押さえるで成長方向の軌道修正が可能となります。
早期の歯並び改善
早期に目立つ部分の歯並びを改善することで、コンプレックスの原因を排除し、学童期の多感な時期に明るく積極的な人格形成を促すことが可能になります。子供の矯正治療では、最後の永久歯(12歳臼歯)萌出が確認される時が治療終了です。
成長が終了した高校入学以降に、上下の顎の成長バランスを再診断した後、第二段階の矯正治療に移行するか、終了するかを本人の希望を優先し、御家族の方と相談の上、決定します。
ページトップへ

診療時間

 
午前
午後
  • 月:14:00~20:00
  • 水・金:10:30~12:00・14:00~20:00
  • 土・日:10:30~12:00・14:00~18:00
  • 休診日:火・木・祝日

歯並びと咬み合わせに関する無料初診相談を行っています。
まずは御相談ください。

アクセス

大きい地図・ルート検索はこちら

奈良県生駒市元町1-3-15 桑原ビル3F

近鉄生駒駅西改札口から南側徒歩1分
四条畷田原台エリアからバス通院も便利です。
車で来院される方は、生駒市営駅南・北地下駐車場、ベルテラスいこま駐車場を御利用の上、無料駐車券を当院受付にて、お受取り下さい。